Photo by フリー写真素材 :: Free.Stocker
無料ブログはココログ

文化・芸術

はまオケ♪

今日は毎年行っている浜松市民オーケストラの定期演奏会でしたnote

この定期演奏会も今年で7回目になりますが、発足当時亡くなった主人もメンバーで第1回の定期演奏会に向けて練習していたのを思い出しますconfident

結局出ることは出来なかったけれど・・・

そして第1回目から毎年オーケストラの方が手紙とチケットを送ってくださっていますmail

その気遣いがとても嬉しく、毎回幸せな気分になりますheart04

私はピアノしか弾けないのでオーケストラのことはよく分からないけれど、毎年聞いていると段々いい感じになっているなーと思いますup

パワーアップしているなってsign01

ホールもほぼ満席状態だしhappy01

今年は今度3月に長男も演奏するシベリウスの「フィンランディア」、そして誰もが聞いたことがあるグリーグのピアノ協奏曲イ短調、最後はこれもシベリウスの交響曲第2番二短調でしたnotes

子供用のプログラムにはオーケストラや曲の説明がとても分かりやすく書いてあって、気軽にと言ってはいけないけれどそんな感じで子供達もオケの演奏が楽しめますsweat01

浜松にはオーケストラがいくつかあるけれど、今日はそれぞれ個性があるんだな~なんて感じましたshine

オーケストラ♪

浜フィル(浜松フィルハーモニー管弦楽団)の演奏会に行ってきました。

ここ半年以上も日程が合わずオーケストラの演奏会に行けなかったのでとても楽しみで(^-^)

今回は2部にグリーグの「ペールギュント」が演奏されたけれど、知っているメロディだったりナレーション入りだったりで子供たちも飽きることなく最後まで聞いていてくれたのでホッとしたりして~(*v.v)。

途中でナレーションの方がオーボエとファゴットの演奏者にインタビューをする場面があって、どんな楽器なのかを説明してくれました。

今まで聞いていたのに気付かない音だったみたい(なんか意味不明な・・・)

子供たちが習っていることもあって弦楽器の音は分かるけれど、管楽器のことはほとんどわからなかったから・・・

オーボエなんてこんなに活躍してたのー!!とびっくりするばかりですw(゚o゚)w

でも音や出てくる場面なんかも教えてもらって、またオケを聞く楽しみが出来たと感激していました~(*´v`*)。

やっぱりクラシックは奥が深いわ~(o^-^o)